So-net無料ブログ作成

簡単トランプ手品のやり方② [手品]

夏の大サービス!引き続き手品の種明かしです。



<移動するトランプ>



070703_105945_m トランプ三枚を扇形に広げて、手にもって相手に見せます。



◆2 ◆A ◆3 。相手に渡したりせず、ちら~っと見せます。



でもって相手にはこの数字とマークであることを覚えていてもらいます。 



                                                                                                                      



  





070703_110222_m_1 三枚を裏返しにして、真ん中の◆Aを裏向けてトランプの山に入れます。入れる場所を相手に指示してもらってもいいですし、あとの2枚を表にして放置していてもいいです。



これで確かに◆Aは山にあるはずですね。



そしてうそ臭い呪文を唱えてもいいですし、無駄なトークをしてもいいです。





070703_110301_m 「この呪文で(このトークの間に)◆Aを飛ばしました」といって、トランプの山を表にして、相手に調べてもらいます。すると、探しても◆Aはありません。確かにさっき、目の前でトランプの山に入れたはずなのに…!?



消えた◆A。どこへ行ったのでしょう。 









                       





























070703_110414_m



すると机の下に置いていたトランプの空き箱に、先に◆Aが戻っているではありませんか!いつの間に移動したのでしょう??けして2組のトランプを利用したりはしてませんよ。さてトリックを見破ってください。 



















     







































070703_110012_m ではタネアカシします。◆Aは最初からトランプの空き箱の下に隠してありました。では最初に扇形に広げて見せた◆Aは…?



よーく見てください、あれは◆AではなくハートのAだったのです。ハートマークを隣の2枚をうまく重ねてダイヤ模様に見せるのです。



お盆で親戚が集まったときににでも、子供さんにしてみてください。きっとうけますよ。



さて童話の表彰式に先日行ってきました。市内の小学校の放送部員が朗読してくれるそうです。電話でおはなしが聞けるのは来年の3月から一ヶ月間。…忘れそうですね。



ランキングに参加しています。クリックして投票をお願いします。→投票する


nice!(1)  コメント(10) 

簡単トランプ手品のやり方① [手品]

070702_173337_m こんにちは、すっかりあきょんはダラけています。



昼寝中の娘が泣き出しましたが、背中をさすっているとそのうちまた寝だしたので、かわりに人形を添えてやりました。育児怠慢です。今のうちにネット三昧です(^皿^)



手作りをサボっているので、今日は手品のタネあかしをご紹介します。



昔手品を少し練習しましたが、兄弟相手に披露をすると、「そこにあるんじゃないの?」とか「どうせこうなるんやろー」などと、はなから疑いの目で見られ、最後にはケンカになってしまったりするため、趣味にまでは至りませんでした。意気地なしの私の代わりに、誰かこのネタで家族や友達を楽しませてあげてください。



<トランプカードを予言する>



070702_173555_m ■三枚のトランプカードを用意します。数字は何でもいいです。



■そしてそのカードを相手に見せ、「この中から一枚選んでください」と言って、選ばせます。ここで相手がハートのKを選んだとします。(カードは相手にも自分にも見せていていいです)



■雑談でちょっと時間を稼ぎます。「いやぁね、○○さんとは長い付き合いですからねー、ほら昔、あんなことあったでしょう?」とか言いながら。



070702_173839_m ■そして「実は数分前に○○さんがこの中でならこれを選ぶだろうと前もって予言していたのですよ、あちらに」と言いながら、テレビの上の置時計の下の紙を相手に見に行かせます。



■その時計をずらすと、相手が指差したカードを記したメモが現れて、すっごーい!となるわけです。



さてなぜ予言できたのか。もうおわかりですよね?



実はメモは3枚あるのです。ハートのKは目覚ましの下に、ミツバの7は掛け時計のうしろ、ダイヤのAはテーブルの裏に…と、全て用意しておき、場所をしっかり暗記しておくだけです。場所やカードの種類、枚数は自由でいいです。メモをさらに封筒に封をして、相手に破かせるのもドキドキ感がより増しますよ。やり方は実に簡単ですが、準備は見られないようにご注意ください。



ランキングに参加しています。クリックして投票をお願いします。→投票する




nice!(1)  コメント(12) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。